脂質が多い食事は便秘解消に効果的。1日の上限摂取量を調べてみました・・・が。

脂質が多い食事は便秘解消に効果的。1日の上限摂取量を調べてみました・・・が。

脂質を適度に摂った方が、便通が良くなる事に最近、気が付きました。今日はそのお話をしたいのですが、その前にちょっと糖質制限近況報告にお付き合い下さいましたら嬉しいです。

糖質制限をして3週間が経ちました

糖質制限をまじめに行って、3週間経ちました。最近では炭水化物は1日に1度だけ、もしくは全く摂らない時もありますが、朝・昼・晩と満足できる量の食事を楽しんでいます。

食事を減らすダイエットは、若い頃のように劇的な体重減がないばかりか、長続きできないので、ある程度はお腹が満たされるくらいの量は食べているんです^^;

この3週間で、体重は3.5キロ減りましたし、それよりも顎の肉とお腹の肉が落ちました。今まではちょっとしゃがんだり、落ちているものを拾うだけでも苦しかったのですが、今ではさほど苦痛ではなくなりました。おまけに足の爪も切りやすくなりました。今まではお腹の肉が邪魔をして苦しかったんです(>_<)

血糖値測定器で、こまめに血糖値を計るようになってからは、間食もほとんどなくなりましたが、糖質制限食の事を知る前の癖で気がつけば、脂質の多い食事を避けてしまう日が続いてしまったんですよね。

糖質制限が世に知られる以前のダイエットといえば、カロリー制限や脂肪を控えるという内容でしたので、その癖がしみついてしまってるのかも知れません。野菜はしっかり食べたつもりでしたら、出ないとなるとなんとなくスッキリしないものです。

その時にふと、焼肉やトンカツなどの脂っこい食事をたっぷり食べた翌日の、あの気持ちいいほどスルスルと快便だった事を思い出して、いつもより多めに脂肪の多いお肉を食べてみました。

すると、案の定!翌日は快便でした。たった1日お通じがなかっただけですが、3日分くらい出たかもしれません(笑)

スポンサードリンク

糖質制限食における3大栄養素の割合は、脂質56%、タンパク質32%、糖質12%と言われているので、カロリーにとらわれずにもっと脂質の多いお肉を食べて行こうと思います。

でも、あまり摂りすぎると血管は詰まったりしないのでしょうか?脳梗塞とか心配ですよね・・・

1日の上限の脂肪摂取量とは?

色々調べていると、糖質制限食の第一人者である江部先生のブログに、世界中の統計をもとに分かりやすく説明して下さっていました。⇒糖質制限食と脂質の摂取量・続き

先生の見解はこうです。

糖質制限食的には脂質摂取量125g/日までは全く問題ないというか推奨必要量ですね。

ちなみに、リノール酸をなるべく減らし、オレイン酸、αリノレン酸、EPA・DHAなどを積極的に摂るようにするのが良いそうです。手軽に手に入るオリーブオイルなどを活用するようにすると良さそうですね!

でも、ここでちょっと疑問が・・・脂肪摂取量125gといっても食べ物(肉類)にすると、何をどれくらい食べればいいのか、結局分かりません。脂質の多いカルビ肉100gを脂質100gというのは違うと思うし・・・

私の乏しい検索力では答えは見つけられませんでしたが、MEC食(肉・卵・チーズ)ダイエットでは、1日の肉の量は200gを推奨しているので、200gまでなら大丈夫なのかも知れませんね。ちょっと中途半端でごめんなさい。

とにかく、江部先生の糖質制限と、渡邊先生のMEC食を混ぜて考えるのはどうかと思いましたが、基本は糖質制限食で1日のお肉の上限は200gと覚えておこうかと思います。また新たな情報が見つかれば追記しますね!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ