糖質制限ダイエットは危険?デメリットやリスクを知ろう

糖質制限ダイエットは危険?デメリットやリスクを知ろう

糖質制限ダイエットを、ゆるーくやっている私ですが、
糖質制限ダイエットは、危険だと言う話を聞いた事があります。

それはどうしてなのでしょうか?

その真意は、やり方を間違えてしまう事です。

過度に糖質制限をする事で、起きる問題は以下のような事です。

まずは、注意力や集中力が低下してしまう事。

糖質は、私達が生きていく上で必要な栄養素の1つです。
糖質を制限しすぎる事で、脳に悪影響を与えて注意力が散漫してしまう恐れも
あると言われているんです。

この場合は、極端な制限をしなければ大丈夫との見方があるので
過剰な心配は無用と言えるでしょう。

よく疲れた時は甘いものを食べると良いと言われますが、
最近では、本当に脳に必要な栄養素はタンパク質だと言われるようになりました。

それはどういう事なのかと言うと、タンパク質が分解されたアミノ酸や
脂質の脂肪酸からもブドウ糖がゆっくりと作られるので
わざわざ甘いものを摂らなくても、脳に必要な量のブドウ糖は行き届くからだそうです。

次に、糖質制限ダイエットが危険だと言われている理由としましては、
体臭や口臭への影響があると言われている事です。

ご飯やパンといった炭水化物を食べずに運動をしてしまうと、
ケトン臭が発生し、体臭や口臭がきつくなると言われています。

スポンサードリンク

なぜケトン臭が発生するのかと言うと、脂肪やたんぱく質をエネルギー源の主流に
する事で、ケトン体が体内で増加します。
そして血液が酸性化するのです。
この時に身体や口から嫌な臭いを発生すると言われているのです。

糖質制限ダイエットには、このようなリスクもあるので
あまり徹底的に糖質を制限しすぎるのは、控えた方が良いでしょう。

私も、ゆるゆる糖質制限ダイエット中ですが、
あくまでも“ゆるゆる”ですので、ご飯やパンを徹底的に
排除はしていません。

それでも、ゆるやかに効果は出ているので
何においてもやり過ぎない事が大切なのかも知れませんね。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ