発芽大豆の作り方

発芽大豆の作り方

糖質を控える食生活をするうえで、発芽大豆が話題になっているようですね。

大豆製品は、糖質オフを実践する人にとって良い食材ですが、発芽大豆は、その上をいく新食材として注目を浴びているんです。なぜなら、発芽大豆は通常の大豆食品と比べると、栄養素の含む量がずば抜けて高いからだそうです。

そして、タンパク質が分解された状態で含まれているので、体内へのタンパク質の吸収が高まると言われています。

この発芽大豆ですが、自宅でも簡単に手作りできるので、その作り方をご紹介しますね。

初芽大豆の作り方

1)スーパーで売られている乾燥大豆200gをボウルに入れて水に一晩浸します。一晩水に浸した乾燥大豆は、水をたっぷり吸って膨らみます。

2)ザルに入れて水を切り、布をかぶせて暗い場所に置きます。あまり湿度が多い場所は避けて下さいね。

3)1日2回、朝と晩にザルのまま大豆を洗って、水気を切る事を繰り返して、発芽すれば完成です。

だいたい3日くらいで、発芽大豆が出来上がります。

ただし、冬場は4日くらいかかるとも言われていますので季節に応じて目安を変えてみて下さいね。

また、発芽しすぎて豆もやしになってしまうと、栄養成分が減ってしまうので発芽しすぎないようにする事も重要です。

保存方法

出来上がった発芽大豆を蒸しておけば、発芽も止まりますし、栄養成分が水に溶ける心配もありません。蒸した後、冷蔵庫で冷やしておけば数日間保存できますよ。茹でるよりも蒸す方が栄養価が落ちないのでおすすめです。

最近では、通販でも売っているので作るのが面倒な人は、それらを利用するのも良いと思います。

特におすすめなのが、NHKで紹介された事もある、スーパー初芽大豆です。

スポンサードリンク

実際に私も食べてみましたが、手作りやスーパーで売ってるレトルトパックの蒸し大豆より美味しさがダンゼン違いました。^^;

そして、スーパー初芽大豆が市販のものと比べて優れているのは、イソフラボンの含有量の多さとGABA、葉酸がたっぷり含まれている事です。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っている事で有名ですが、更年期の女性はもちろん、生理不順や生理痛がきつい人にも効果が期待されています。

また、GABAは抗ストレス作用が期待できます。

そして最近、よく耳にする葉酸ですが、妊活ママや妊娠中の方だけじゃなく女性にとって必要な栄養素です。なぜなら葉酸の摂取で肌再生や脂肪燃焼サポート、腸内運動の活発化が期待できるからです。

スーパー初芽大豆は、天然のサプリとも呼ばれているくらい栄養価に優れているので、本気でカラダの事を考えるならスーパー初芽大豆を試してみるのもひとつの方法でしょう。

私が実際に試した感想はこちらに書いています。⇒スーパー初芽大豆お試しを購入しました

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ