GI値とは?GI値を知る事で血糖値の上昇をコントロールできます

GI値とは?GI値を知る事で血糖値の上昇をコントロールできます

GI値とは、糖尿病の鍵を握る血糖値の上げ下げに関わる大事な値で、
血糖値の上昇の度合いを表した数値の事です。

GI値が高い食品を食べると、血糖値が上がりやすいですし、
GI値が低いと血糖値の上昇を抑えてくれるので、
私達が普段、口にする食品のGI値を知っておく事は、
血糖値をコントロールするのにとても役立ちます。

GI値の判断基準

GI値の目安として、高・中・低に分けると分かりやすいと思います。

GI値が70以上なら高GI値

GI値が69~56なら中GI値

GI値が55以下なら低GI値

という事になります。

GI値が高い食品は、主に糖分が多いものと覚えておくのが
一番分かりやすいですが、一見糖分が多そうに見える食品でも
実はGI値が低いという食べ物もありますし、
反対に、糖分が少なそうに見えてGI値が高い食べ物もあるので
一概に言えないのが難しい所。

また、カロリーとは比例しません。

主に、色が茶色い食品はGI値が低い傾向にあると本に書かれてありました。

スポンサードリンク

例えば、主食ですとご飯より玄米。
食パンよりもライ麦パン。
うどんよりもお蕎麦がGI値が低いんです。

そういう風に見ると分かりやすいですね。

もちろん色や甘さだけで判断できないものも多いのも事実です。
GI値を主な食品を書きだしてみたので、参考にしてみて下さい。

⇒GI値一覧へ

また、こんな便利なサイトもありますよ⇒グリコ 食品成分ナビゲーター

最後までお読み下さり、ありがとうございます。
2型糖尿病ブログランキングに登録しています!

もし、この記事が少しでもお役に立てたのであれば、
下の「2型糖尿病」ボタンをクリックして頂くと励みになります。
どうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ