高血糖と感染症の関係

高血糖と感染症の関係

高血糖と感染症とは、一見全く関係ないように思えますが、
意外にも、深い関係があるというのです。

それは、高血糖が原因で白血球の働きが弱まり、免疫力が低下するので
高血糖の状態が続くと、感染症にかかりやすくなるのです。

ご存知のとおり、免疫力が低下すると様々な感染症にかかりやすいのですが、
それだけじゃなく、高血糖の状態で感染症にかかると、
通常よりも症状が重くなる可能性もありますし、
治るのが遅くなるとも言われています。

また、糖尿病でになると血流障害が良く起きますが、これにより各臓器の機能が低下して
炎症を起こしやすくなります。

他にもあります。
血糖値が高い状態が続くと、神経の周りの血管に傷がつきます。
その為、神経に栄養がいかずに死んでしまい、炎症を起こしていても
それに気づかずに放置してしまって、悪化します。
養が行かずに死んでしまい、炎症を起こしても気がつかず放置、悪化させてしまいます。

高血糖の人がかかりやすい感染症

高血糖の人がなりやすいと言われているのは、
以下のような感染症です。

スポンサードリンク

・肺炎や結核などの呼吸器系
・カンジダ膣炎や白癬症などの皮膚の感染症
・膀胱炎や腎盂炎、腎盂腎炎などの尿路感染症
・歯周病や歯肉炎などの口腔内感染症

日頃から血糖値が高めな人は、何か異常を感じたら病院で治療しましょう。

特に、食事制限による治療をしている人や、
糖尿病予備軍と言われたのに、そのままにしている人は
注意が必要だと思います。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ