糖尿病の人に適した肉、控えた方が良い肉とは?

糖尿病の人に適した肉、控えた方が良い肉とは?

最近の糖尿病の人の食事指導では、糖質制限が推奨されているみたいですね。

以前なら、肉は控えた方が良いみたいに言われていましたが、
最近では、炭水化物を控える事が大事だったり、食べる順番を変えたりなど
昔の食事指導とは変わってきているって感じがします。

例えば、「昼食にうどんを食べるならステーキとサラダを食べろ」と、
言うような話を聞いた事はありませんか?

それは、うどんよりステーキの方が血糖値が急上昇しにくいからなんです。

じゃあ、肉をじゃんじゃん食べてもいい!と、思われがちですが、
脂肪もあまり摂り過ぎると、肥満のもとなので肉の質を選んだほうが良いんです。

食べても良い肉

豚ひれ、豚もも、鶏のささみ、胸肉などが良いとされています。

では、逆に控えた方が良い肉とはどんな肉なのでしょうか?

控えた方が良い肉

ハム、ソーセージ、豚ロース、豚バラ、牛肉などが代表的なようです。

それはなぜかというと、これらの肉は飽和脂肪酸が多いために血中コレステロールが上がり、
動脈硬化を招きやすいからです。

スポンサードリンク

以上、肉を食べる時の選び方を紹介しましたが、ここまで忠実にする必要があるかどうかは
糖尿病がどこまで進行しているかで変わってくるようです。
特に予備軍の人なら、そんなに気にする必要はないようですが、
脂肪と一緒に摂取すると血糖値が上がると言われているので、
頭の片隅に覚えておくだけでも違いますよね。

また、肉を食べる時は必ず野菜も一緒に食べましょう。
比率は肉よりも野菜の方が1.5倍ほど多めが良いようです。
そしてこの時も食べる順番としては、野菜を先に食べましょう。

また、調理方法は揚げるより焼く、焼くならオリーブオイルかエゴマ油で。
焼くよりも蒸す、ゆでるが理想的だと言われています。

同じ肉を食べるにしても、ちょっと部位や肉の種類を変えるだけで、
違ってくるものなんですね。

 

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ