血糖値やヘモグロビンa1cの意味を知ろう

血糖値やヘモグロビンa1cの意味を知ろう

自分が糖尿病だという事が発覚したのって、
大抵は健康診断や人間ドッグで。というのが多いかと思います。

また、私のように普段は健診や人間ドッグに行かない人でも、
他の病気の手術前精密検査によって発覚する場合もあるでしょう。
※糖尿病が分かったきっかけをご参照下さい

血糖値という言葉は聞いた事はあるけど、
どんなものなのかは知る機会もなかったのに、
いざ、自分の身にふりかかってきたその日から、
どんなものなのかくらいは知っておこうと思い調べてみました。

血糖値は、血液中に含まれるブドウ糖の濃度を指した値のことをいいます。

つまり、血糖値が高いほど、血液に含まれているブドウ糖の量が多いということになります。

そして血糖値が高いということは、それだけ血液がドロドロの状態になっているということになります。

次に、私が糖尿病だと診断されてから初めて聞いた数値「ヘモグロビンA1c」についてです。

血糖値を測ったときに、その検査結果のなかで「HbA1c」と表記されている項目があります。

この「HbA1c」は、ヘモグロビンa1cの略語となっており、
この数値によってその人の血糖の状態を知ることができます。

ヘモグロビンとは、赤血球に含まれているタンパク質の1種であり、
酸素と結合することで酸素を全身に巡らせるという働きがあります。

また、ヘモグロビンには血液中にあるブドウ糖と結合してしまう性質があり、
結合した物質のことをヘモグロビンA1cと呼んでいます。

スポンサードリンク

つまり、血液中のブドウ糖が多いと、それだけヘモグロビンA1cも多くなるという事ですね。

ヘモグロビンA1cの数値は、その人の過去1ヶ月から2ヶ月の血糖の状態を表しているため、
より正確に血糖値の高さを知ることができるといわれています。

主治医や知り合いの糖尿病患者の方からは、このヘモグロビンA1cの数値こそが重要だと聞かされています。

血糖値は、ちょっと意識するとすぐに数値は治まりますがヘモグロビンa1cは
1~2カ月の血糖の平均ですので、言いかえれば1~2カ月の生活態度の成績表の
ようなものだと自分では思っています。

数値が上がったから、慌てて1週間だけ頑張っただけではどうにもならないんですよね。
まさに日々の努力の積み重ねの結果が数値に現れるのです。

私のような猪突猛進系の三日坊主には、維持するのが難しいんですが、
なんとか数値を維持しなければと、思っています。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ