血糖値とタバコ・飲酒の関係

血糖値とタバコ・飲酒の関係

健康診断などで、お医者さんから「タバコを止めましょう」「お酒を控えましょう」と言われた事がある人もいると思います。

血糖値が高いと、必ずと言って良いほどそう言われると思います。

それはなぜかというと、お酒と血糖値は密接な関係にあるからです。
お酒には糖分が多く含まれていたり、カロリーが高い物がありますし、もし糖分が少なくカロリーが低いお酒でも、もしおつまみを食べながら飲んでいたとしたら、血糖値を挙げてしまう事になります。

また、タバコと血糖値の関係ですが、よくよく調べてみると直接的な因果関係はありませんでした。

しかし、タバコは血管を収縮させます。
血糖値が高い人は、動脈硬化を起こしやすいと言われています。
タバコを吸う事で、硬くなっている血管を委縮させてしまって血栓が出来てしまう事があるのです。

血栓が出来る事で、血管が詰まりやすくなります。
そして心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなるというリスクが高まります。

スポンサードリンク

お酒はたしなむ程度ならOKだと思いますが、タバコは百害あって一利なしなので、糖尿病になってしまったら、禁煙するのが望ましいとでしょう。

ちなみに私の友人は、医者から禁煙するように言われてなかなか成功しなかったのですが、禁煙外来で無事に禁煙に成功する事ができました。

最近、増えている禁煙外来ですが、利用するのも一つの良い方法ですよね!

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ