血糖値が高くなる原因は?

血糖値が高くなる原因は?

血糖値が高いと言われた時、「とうとう私もそうなってしまったか」と思ったのが正直な気持ちです。

痩せていたのは幼少期とお年頃の期間のみで、子供を2人産んでからは体重は超大台に。

かといって、血糖値の事は何も分からず「糖尿病」という響きだけがむなしく私の中をかけめぐったのを思い出します。

血糖値とは何かと言うと、血液中のブドウ糖の濃度の事です。
ブドウ糖とは、ご存知の通り体を動かす為に必要なエネルギー源のようなものです。

一般的に血糖値が高いと言われる数値は、食後の血糖値が140mg/dl以上です。
私が糖尿病になった原因は、肥満である事とおそらくですが、バセドウ病を発症した事がきっかけです。
(※糖尿病とバセドウ病参照
ですが、一般的には何が原因で糖尿病になる人が多いのでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも血糖値が高くなるのはインスリンの分泌が減少する事で起こるのだそうです。
1型糖尿病のように生まれつき膵臓の働きが悪い場合や、2型糖尿病のように食べ過ぎ、運動不足などの生活習慣が関わるケースがあります。

特に、糖質を多く採り過ぎると血糖が高くなります。
糖質には、主食になる白米、パン、イモ類、ケーキやジュースに含まれている砂糖などがあります。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ