糖尿病の種類|1型と2型

糖尿病の種類|1型と2型

糖尿病と一言にいっても、2種類のタイプがあります。

1型糖尿病

まず、ひとつは1型のインスリン依存型糖尿病です。
小児期に起こる事が多いと言われている病気で、主に自己免疫やウイルス感染により膵臓が破壊されてしまうことです。
1型は全糖尿病のうち、5%と頻度は低いのが特徴です。
インスリンがまったく出ないので、インスリン注射が必要です。
主に子どもに起こる原因不明の難病であり、適切な治療を行わないと、心臓や、腎臓、神経、目などの病気が発症しまいます。

2型糖尿病

次に、2型糖尿病は全糖尿病で95%です。
原因は、遺伝や食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどで、インスリンが全く出ない1型とは違い、インスリンの働く機能が低下している状態です。また、1型ほどではありませんが、インスリンの出る量が少なくなって起こるものもあります。
治療法は、食事療法や運動療法でそれだけでは改善されない場合は、内服薬やインスリン注射などの治療を行います。

スポンサードリンク

糖尿病患者は、予備軍を合わせると全国に2210万人いると推定されています。

糖尿病予備軍とされている人の約4割がほとんど治療を受けた事がない人だそうです。

糖尿病は自覚症状がほとんどないので、健康診断などで「糖尿病予備軍」と言われても、そのままほっておく人も多いんでしょうね。

糖尿病になって一番やっかいなのは、合併症です。

予備軍だと言われた人も、早めの対処が必要になってきます。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ