糖尿病の症状 口の渇き

糖尿病の症状 口の渇き

糖尿病になったら「口が渇く」という症状が出ると言われています。

この症状を初期症状や糖尿病の前兆だと思っている人がいるようですが、
この症状が出たら、すでに糖尿病になっている可能性が高いかもしれません。

なぜ、口が渇く、のどが渇くという症状が起こるのでしょうか?

高血糖になると血液中の糖の濃度が高くなります。
濃度が濃くなると言う事は、ドロドロしたシロップの様な血になるという事ですね。

そこで脳は、これを脱水症状と判断して水を飲んで薄めるように指令します。

水をどんどん飲むと、腎臓から尿として多量に排泄するようになります。

多量の水分が失われるので、脱水状態に陥ってしまう。すなわち口が乾いてしまうという訳です。

現在、病院にかかっていると言う人は数値を定期的にチェックしているでしょうから
お医者さんの指示の元、食事制限や治療薬を飲んでると思います。

ですので、過剰な心配は無用なような気がします。

スポンサードリンク

しかし、健康診断をあまり受けない人や「糖尿病予備軍」と言われても
そのままにしておく人だと、糖尿病がすすんでこのような症状が出ても
気づかない場合もあるかと思いますので、そのような人は糖尿病の知識として
意識しておいた方が良いかもしれません。

血液ドロドロをほっておくと、合併症への進行を早める事になりかねません。

血液サラサラは健康の合言葉と言えるので、血液サラサラになる食事を心がけるのが
大切だと思います。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ