糖尿病の独特の口臭の原因と予防法とは?

糖尿病の独特の口臭の原因と予防法とは?

口臭には、ニオイのきついものを食べる事意外にも
様々な原因がありますが、病気になっても口臭のニオイは
独特できつくなります。

糖尿病になると、口臭は除光液のようなニオイになるのだそうです。
他にも、肝不全の人は生魚のような口臭になると言われていますし、
胃腸系は卵の腐ったにおいの口臭なのだとか。

口臭の原因

糖尿病の人がなぜ、そのような口臭がきつくなるのでしょうか?

それは、糖尿病の症状によるものからです。
糖尿病の症状のひとつに、口の渇きがありますが、
口が渇いてる時は、ただでさえ口臭がきつくなるというのは
ほとんどの人が経験されていると思います。

その状態がずっと続くのですから、口臭も人より強くなるのも
うなづけますね。

なぜ、口が渇くと口臭が強くなるのかというと、
まず、唾液には歯を守る役目や様々な細菌が増えるのを食い止めてくれるのですが、
その守ってくれるべき唾液が少ないと、細菌が増えていきます。
細菌が増えると、歯周病の原因にもなりますし、口臭が強くなってしまうんです。
他にも甘いものを食べたり、飲む事で細菌が繁殖しやすくなると言われています。

糖尿病の人は、歯周病になりやすいと言われているのも
この事からなんですね。

スポンサードリンク

糖尿病の口臭予防は?

口臭予防は、まずは糖尿病を改善する事が第一だと思いますが、
それ以外には、甘いものを食べたり飲んだりした場合は、極力うがいをしたり
可能なら、歯磨きをする事でしょう。

歯磨きはできれば、歯周病予防もできる歯磨きがおすすめです。
なぜなら、糖尿病患者の口臭の原因は歯周病とも関係しているからです。

歯科医との共同研究開発による、プロポリス配合歯磨きで
「口臭がなくなった」「重度の歯周病が良くなり、歯を抜かずにすんだ」という感想が
寄せられています。

歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ