糖尿病の定義

糖尿病の定義

糖尿病と診断されたその日から、普段の食生活や生活習慣を意識しなければいけなくなりました。

自他共に認める、食べ過ぎ、運動不足でしたので、バセドウ病を言い訳にしつつも
実際には、「なるべくしてなった」のだと思っています。

特にお腹が空いてなくても、食べ物を口に入れておきたいという悪い癖があったりとかで
ストレスを食べる事で紛らわせていたのかな?と思ったりしています。

さて、前置きが長くなりましたが闘いは、まず敵を知る事から!と言う訳で、
糖尿病についてのお勉強です。

糖尿病とは

糖尿病とは、糖質を調節するインスリンという膵臓から分泌されるホルモンが不足したり、
作用がうまく働かなくなるという理由から、常に血糖値が高い状態になっている病気です。
この事から、合併症を引き起こすという特徴があります。

現在、糖尿病患者は約700万人いると言われており、深刻な現代病と言えるでしょう。

糖尿病の診断基準

糖尿病は初期の段階では、ほとんど症状がありません。

ですので、大抵の場合は、健康診断や人間ドッグで発覚すると言う事が多いのですが、
定められた診断基準によって診断されます。

それにはまず血液検査を行い、血糖値を測定します。
検査の際は、前日から10時間以上絶食して翌朝に採取します。

基準値は以下の通りです。

 正常値  110未満
 境界型  110~126
 糖尿病  126以上

この時の数値が境界型だった場合は、糖尿病であるかどうかを最終的に診断する方法があります。

ブドウ糖負荷試験の方法

このような場合には、ブドウ糖負荷試験を行います。

スポンサードリンク

まず、空腹時に一定量(75g)のブドウ糖水溶液を飲みます。
その結果、血糖値がどのように推移するのを見ます。

この検査で、血液中の糖分を処理する能力、すい臓から分泌されるインスリンの働き具合を調べる事が出来ます。

健康な人なら、上昇した血糖値は時間が経つと下がりますが、糖尿病の人は血糖値がなかなか下がりません。

検査結果の判定基準の数値は以下の通りです。

   0分 120分 
正常値  110未満  140未満
糖尿病  126以上  200以上

以上、糖尿病の診断はこのような方法で行いますが、血糖値は変動しやすいのも大きな特徴です。
ですので、現在ではヘモグロビンA1cの数値で判断される事が多いです。

私の場合は、このヘモグロビンA1cが高かったので、ブドウ糖負荷試は行わずに即、糖尿病と診断されました。

血糖値やヘモグロビンA1cについては、こちらに書いていますので宜しければ参考になさって下さい。

⇒血糖値やヘモグロビンA1cについて知ろう

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ