糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

糖尿病になる事で、もっともやっかいなのは合併症です。

合併症とは、その病気が元となって起こる別の病気の事。

糖尿病の合併症で3大合併症と言われているものがあるのでご説明しますね。

三大合併症とは

糖尿病が発症して、そのまま何も治療をしなかった場合、
大体10年前後で合併症が出てくる事が多いと言われています。

「目」「腎臓」「神経」に出てくる合併症を

それぞれ、「糖尿病性網膜症」、「糖尿病腎症」、「糖尿病神経障」と呼びます。

これらの特徴は、細小血管(毛細血管)が通っている事です。
細い血管が切れたり、詰まる事で起こッてしまう事が、これら3つの合併症の共通点であり、特徴です。

それでは一つずつ、説明しましょう。

糖尿病神経障害

合併症の中で、一番早く出る障害で主な症状は、

・手足の先がしびれる
・外傷や火傷をした際に、痛みに気づかない
・筋力の低下
・筋肉の低下
・立ちくらみ
・発汗異常
・顔面神経麻痺
・胃もたれ
・便秘、下痢
・動悸
などの自律神経障害が現れます。

また、怪我や火傷などに対する感覚が鈍くなるので、感染や壊疽(えそ)が起こる原因となります。
壊疽を起こす事で、手や足を切断しなければいけない場合も出てくるケースもあります。

糖尿病腎症

腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなる事によって起こります。

尿を作る事ができなくなり、人工透析が必要になります。
週に2~3回、透析を受ける必要があります。
人工透析の原因疾患の第1位は糖尿病腎症です。

スポンサードリンク

糖尿病網膜症

眼の底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱まります。
進行がすすむと、目のかすみ、視力障害、眼底出血による突然の視力低下が起こります。
そのまま放置すれば、失明する事もあります。

最初に糖尿病を発症してから10年前後に、合併症が起こる割合が多いと書きましたが、
これには個人差があります。

まだ10年ととらえるか、10年なんてあっという間ととらえて
発症した時から、気をつけているのとは、病気が安定するのに随分と違いがあると思います。

「糖尿病は、一生治らない」という人や、「糖尿病は完治する」という人など
様々なので、どちらを信じて良いのか分かりませんが、
努力次第で、良好に向かい薬を飲まなくても良い状態になれると信じています。

薬による副作用は、感じていないのでなんの不便も感じていませんが、
薬なしで生活したいという切実な思いはあります。

糖尿病の薬のお陰で、血糖値やヘモグロビンA1cの数値が正常になったので
本当に有り難く感謝しつつ、どこに行くにも薬を持参する、
飲み忘れにヒヤッとするなどという思いから解放されたいと思うのが本音です。

型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ