糖尿病の前兆や症状

糖尿病の前兆や症状

自分が糖尿病かどうかは、健康診断などでの血液検査で初めて分かる場合がほとんどです。

糖尿病の前兆などがあれば、早期発見に繋がる・・・と言いたい所ですが、
糖尿病の初期症状、つまり糖尿病になりはじめの頃は、自覚症状がありません。

もし、なんらかの症状が出ているとしたらそれは、前兆ではなく糖尿病が進行していると
言われています。

糖尿病の症状

・のどが異常に渇く
・尿の量がとても多くなる
・目がかすんだり、物が二重に見える
・立ちくらみ
・急に痩せてくる
・おしっこのにおいが甘くなる
・手足のしびれ、足の裏の違和感
・身体のだるさ、疲れやすくなる
・食後3時間ほどで、不快な空腹感を感じる

他にも生理不順や便秘、下痢、胃もたれ、性欲減退などもありますが、
主に言われている症状は箇条書きで挙げたものです。

症状が出た時はもう手遅れ?

私の場合は、鼻茸の手術をする前の血液検査で糖尿病と言う事が分かりましたし、
周りの糖尿病の人達も、会社の健康診断などで発覚したと言ってます。

糖尿病自体は、社会生活ができないほど大きな問題ではないと思うのですが、
怖いのが糖尿病の合併症です。
合併症が更に進行すると、ひどい場合は失明したり足を切断しなくてはならない可能性も
出てくるのです。(※詳しくは糖尿病の合併症へ)

すでに糖尿病の症状が何か出ているとしたら、糖尿病は確実に進行していると
思っても言い過ぎではないのかも知れません。

少し脅してしまったようですが、もしそうだとしてもきちんと治療をして
生活習慣を改善すれば、進行は食いとどめる事ができると言われています。

インスリンがなかった時代は、いくら食べても痩せていき衰えて死んでいく死の病と
言われていたようですが、きちんと治療と生活改善をする事で
死に至る病気ではなくなりました。

スポンサードリンク

ですので、糖尿病になってしまったら、いかに合併症への進行を食い止めるかが
鍵となるようです。

まずは、おかしいなと思ったら、すぐに病院に行く事が大切です。

私の場合は、発覚時は空腹時血糖値140、ヘモグロビンA1c7.0でしたが、
1カ月後に鼻の手術を控えていたので、すぐに薬による治療が始まりました。

※詳しくは糖尿病が分かったきっかけをお読み頂ければ幸いです。

薬を飲む事で、数値は劇的に下がります。(私の場合ですが)
でも薬を飲んでいるだけでは、ダメなんです(これも経験済みです)

甘いものを控える、体重を落とす努力をする、適度な運動をする、ストレスをためないように、
など、日々の生活を改善しながら、主治医と共に糖尿病と闘う事が大切だと思っています。

糖尿病は完治すると言う人や、完治しないという人がいるので、
実際のところ、私には分かりませんが、進行を食いとどめて、
改善する事は可能だと信じています。

もし、自分は糖尿病かな?と思う部分があるとしたら、
病院で検査を受けて、適切な治療を受けるのが合併症を防ぐ近道と言えるでしょう。

 

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ