糖尿病の症状 足の異変をチェックしよう

糖尿病の症状 足の異変をチェックしよう

糖尿病の初期症状は、自覚症状がないというのがほとんどだそうです。

ですが、注意をしておく事で気づく症状もあります。
一番分かりやすいのは、足の症状だと言われています。

足の症状やチェック方法をお話する前に、合併症についてお話しますね。

糖尿病になると一番やっかいなのが合併症ですよね。

中でも、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経症」は3大合併症と言われています。

これらの中で最も頻度が高いのは、「糖尿病神経障害」です。

糖尿病になると、細い毛細血管がダメージを受けます。
末梢神経に血液を運ぶ毛細血管にダメージを受けて傷が付くと、
酸素や栄養が運ばれなくなるので
自律神経や感覚・運動をつかさどる神経に悪影響を及ぼします。

末端の毛細血管に酸素や栄養が運ばれにくい状態が続くと、足の末端に症状が出やすくなります。

特に要注意なのが足潰瘍です。
足の潰瘍や壊疽が重症化すると、足の一部を切断しなければならなくなる事も。

これだけはなんとか回避しなければいけませんよね。

足の症状

足の症状は以下のとおりです。

・足の先がしびれる
・ぶつけた覚えがないのに、指先が痛い
・足がよくつる
・こむらがえりがおきやすい
・足の感覚が鈍くなる気がする
・足がほてったり、冷えたりする
・足の傷が治りにくい

このように、何かいつもと違うと思われた時は、合併症がすすんでいる可能性があります。

合併症により、1年間に3000人以上の方が足を切断していると言います。

これはとてもショックな事でありながら、ついつい自分とは無縁な話と
思ってしまう人もいるでしょうが、“明日は我が身”という言葉もあるように、
糖尿病患者である以上は、自分にも起こりうることと認識する事が大切だと
自分に言い聞かせています。

その為にも自己管理をきっちりしたいものですよね。

足の症状のチェック方法

足の感覚が鈍くなるという症状を確かめるために、
家族や身近な人に、足を爪楊枝などでつついてもらいましょう。

また、足に傷が無いか等もこまめにチェックしましょう。
そしてなるべく足を保護する意味でも、靴下をはいて
冷やさないように、傷を作らないように心がけましょう。

その他にも、尿をチェックする事も大切です。

スポンサードリンク

糖尿病になると、のどが渇くので水分を多く摂りがちですが
摂取した水分以上とも思えるほど、尿の量が増えます。

臭いにも変化が起こり、果物のような甘い臭いがする事があります。

とにかく何かおかしいなと感じたら、早めに病院で診察を受ける事が一番です。

なぜそのような症状が起こるの?

糖尿病による合併症がすすんだら、どうしてそのような症状が起こるのでしょうか?

それは、血のめぐりが悪くなるからです。

血糖値が上がった血液はドロドロです。
末端の毛細血管に酸素や栄養が運ばれにくい状態が続くので
足の末端に症状が出やすいという訳ですね。

足や尿のチェックや足のケアはもちろんですが、血流の滞りが起きないように
血液をサラサラにしておく事も大切だと思います。

まずは血糖値を急上昇させない食生活、運動を心がける事。

そして、血液がサラサラになると言われている食品を摂る事も大切でしょう。

青魚、納豆、黒酢、玉ねぎなどのネギ類などがあります。

かといって、食品でなかなか摂るのも難しい場合には
サプリで補給する事もできます。

色々なサプリがある中で、めぐり系サプリNO.1なのが田七人参の漢方サプリの
白井田七です。

田七人参の働きには、免疫力、疲労回復、勢力増強など色々な卓効があげられます。
なかでも、めぐりのリズムを調整する事に注目が集まっているんです。
田七人参が糖や様々な数値以上の方が愛用しているのは、めぐりを整える為です。

その田七人参のサプリが980円送料無料でお試しできます。

とても評判が良いサプリなので、活用するのもひとつの方法ですね。

⇒白井田七980円でお試ししてみる

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ