糖尿病と癌の関係とは?

糖尿病と癌の関係とは?

糖尿病のせいで起こる合併症としては、糖尿病神経障害や糖尿病網膜症、糖尿病腎症がもっとも有名ですが、これ以外にも合併症があるのです。
それが癌です。


アメリカでは、すでに癌の発症には糖尿病が関係しているということが発表されていますが、日本でも糖尿病になると癌を発症しやすいと発表されています。

スポンサードリンク

糖尿病の癌のリスクの統計

糖尿病患者の癌発症率の調査では、糖尿病ではない人と比べると、糖尿病は癌のリスクが20%も高くなっていることが分かっています。


糖尿病によって癌が発症する原因ははっきり解明されていませんが、関わっている理由としてはインスリンが挙げられます。
糖尿病になると、血液中のインスリン濃度が高くなったり、インスリン様成長因子が増加します。
これらのホルモンは、細胞の増殖を促進するという作用があります。


正常な細胞は必要に応じて増殖したり、増殖するのをストップしたりします。
しかし糖尿病のように血液の循環に変化が起きたり、ホルモンの分泌バランスが崩れたりすると細胞の増減の調節ができなくなることがあります。
すると、不要な細胞が増えてしまい、それが変化して異常細胞になることもあります。


勝手にどんどん増殖したり、他の部位に転移するなどの性質を持った異常細胞は、癌となる悪性腫瘍を形成してしまうのです。


インシュリンなどのホルモンの作用によって、細胞の増殖が促進されると、細胞自体の機能が変化して異常細胞になることがあります。
もちろんこれは確実な見解ではないのですが、いずれにしても糖尿病と癌は密接な関係があるので、糖尿病になったら癌検診も定期的に受ける必要があるのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ