糖尿病とバセドウ病の関係

糖尿病とバセドウ病の関係

私はバセドウ病にかかり、メルカゾールと言う薬を飲んで
そろそろ2年になります。

バセドウ病の数値も完全に落ち着き、今は1日に1錠飲むだけです。

糖尿病になったきっかけは、もしかしたらバセドウ病だったのでは?と
疑いながらも、でもかなりの肥満なので(詳細は糖尿病が分かるまでをご参照下さい)
何きっかけであろうとも、痩せなければいけないのは事実なんですが・・・

そんな、もやもやした中でやっぱり私の糖尿病はバセドウ病と関係していた事が分かりました。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気で、
甲状腺機能亢進症とも言うのですが、
甲状腺ホルモンの数値のT3とT4が異常に上がってしまう事で、
インスリンの代謝(分解)を促進してしまうという事が分かりました。

とはいっても、何度も言いますが70キロ台半ばの私は何のせいであれ、
痩せなければいけないのですけどね(>_<)

スポンサードリンク

バセドウ病を言い訳にしてはいけないですし、脂ものや炭水化物、
そして甘い物も大好きですし、父方の姉妹はみんな糖尿病だったので、
生活習慣や遺伝も大いに関係しているでしょう。

中高年になって新陳代謝も極端に減ったと思いますしね。

2型糖尿病の一番の治療は、食事と運動で痩せる事だと言うので
言い訳はこの辺にして、今から歩いて買い物行ってきます^^

往復40分、寒いので自然と早歩きになるので冬のウォーキングもいいですね(^^)v

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほ んブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援クリックをありがとうございますm(__)m

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ