糖尿病でも飲めるお酒の種類

糖尿病でも飲めるお酒の種類

糖尿病になると、お酒は飲んではいけないと思っていましたが、
飲んではいけない種類のものと、飲んでもOKのお酒があるんですね。

糖尿病にかかわらず、病気になるとまず医者からは「お酒とたばこはやめて下さい」と、
言われますよね。

タバコは百害あって一利なしと言われていて
禁煙するのが良いと思いますが、お酒はきっぱりやめてストレスを感じるくらいなら、
多少は飲んでも良いとされているようです。

ただし、飲むお酒の種類を選んだほうが良いみたいです。

飲んでも良いお酒

赤ワイン
赤ワインはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールと言えば、若返りの素とも言われており、活性酸素を抑える作用があります。
また、血液をサラサラにするので適量なら良いという事です。
ただし、赤ワインは糖度が高いからいけないという説もあります。
ですが、赤ワインを1杯飲む人は、糖尿病の発症率が4割低いというデータがあるので、
おつまみに食物繊維のものや、チーズを一緒に食べれば良いようです。

チーズなどの乳製品は、食前に食べると血糖値を下げるとされているので
相性も抜群ですね。ただし、カロリーが高いのでこれも適量にしましょう。

焼酎
糖分が少なく度数も低いので適量なら良いそうです。

スポンサードリンク

飲まない方が良いお酒

日本酒
日本酒はお米から作られているので糖分が多いです。

度数が高いお酒
度数が高いお酒はエタノールが含まれているので良くないそうです。

適量ってどれくらい?

では、適量とはどのような量を言うのでしょうか?

大体、グラスに1杯~2杯までと言われています。

そして大切なのは休肝日を作る事です。
糖尿病予備軍の人なら、1週間に1~2回、
糖尿病と診断された人は、1週間に3回くらいは必要です。

酒は百薬の長、されど万病の元。と言われるくらいですので、
「たしなむ程度」が健康のために良いのでしょうね。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ