痩せていても糖尿病になる事もある?

痩せていても糖尿病になる事もある?

糖尿病患者といえば、食べ過ぎ飲みすぎの肥満の人がなると
思われがちで、私もそう思っていました。

私自身がそうですし、私の親戚達もそうだったので
食べるのを控えたら大丈夫なのだと考えていたのですが、
ふと、まわりの糖尿病の人をみわたすと、
全員が肥満な訳じゃないんですよね。

実は日本人の2型糖尿病の半数以上は、痩せ型なのだそうです。
太れば太るほど発症するという訳ではなかったのですね。

それはなぜかというと、日本人は肥満じゃなくても糖尿病に
なりやすい体質を持っているからだそうです。

それはなぜかというと、日本人は欧米人と比べると
インスリン分泌能力が低いからなんです。
インスリン分泌能力が低いと、血糖値が下がらないので
糖尿病になってしまうという事だそうです。

インスリンは食事を摂取して最終的にブドウ糖になった
エネルギーを肝臓、脂肪、筋肉に取り込むはたらきをするので、
インスリンが正常なうちは、食べ過ぎや運動不足で太ります。

しかし、インスリンの分泌が悪いと食べても太れないんです。

その事から、“痩せ型体型の糖尿病”が、
全体の糖尿病患者の半数以上もいるという訳ですね。

スポンサードリンク

ですので自分は痩せているから大丈夫という認識がある人も、
健康診断などは定期的にしている方が良さそうですね。

特に身内で糖尿病の人がいる場合は、注意した方が良さそう。
また、日頃から運動不足だったり、甘いものが大好きだったり
野菜不足、早食いの人は要注意だそうです。

もし、普段から定期的に健康診断を受ける習慣がない人は、
在宅血液検査サービスというのもあります。
これはヘモグロビンa1cの値も分かるので、便利です。

>> 糖尿病検査キットの詳細はこちら

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ