太っていると糖尿病になりやすい?BMIの計算方法

太っていると糖尿病になりやすい?BMIの計算方法

太っている人の全てが糖尿病という訳ではないと思いますが、
太っていると糖尿病になりやすいのは、事実だそうです。

厚生労働省のHPで「糖尿病実態調査」をした時に“今までに一番重かったときの体重が重い人ほど、糖尿病にかかりやすいことがわかっている”と書かれてありました。

やっぱり太ってると言う事は、それに至るまでの食生活や生活習慣が健康上良くないという事で、
糖尿病になる要素がいっぱいある生活を送ってきたという事ですもんね。

太ってるという基準って、どこなんでしょう?

それは、BMI(ボディー・マス・インデックス)という基準で見るのが良いそうです。

これって美容面での美しい体型だと勝手に思い込んでいたのですが、
病気が一番少ない体重を統計的に割り出したものなのだそうです。

BMIが22のとき、最も病気が少ないそうです。

BMIの計算方法

BMI=体重(kg)kg÷身長(m)÷身長(m)

スポンサードリンク

BMIが18.5未満が低体重
18.5~25未満が普通体重
25以上が肥満なのだそうです。

これで計算したら、32.4でした(>_<) がっつり思いっきり肥満ですね。 計算なんてしなくても、分かっていた事ですが^^; ちなみに標準体重の出し方を書いておきますね。 標準体重=身長(m)×身長(m)×22 私は、これで計算すると51.4kgでした。 あと何キロ痩せれば標準体重になるんだろう(>_<)

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ