低血糖の原因と症状

低血糖の原因と症状

低血糖は、糖尿病の薬を飲んでいる人にとっては切っても切れない関係だと言われています。
低血糖は、血糖値が70mg/dl以下になった時の状態を指します。

「低血糖」になった時にどんな症状になるのでしょうか?その数値によって段階があるそうなので、簡単にまとめてみました。

血糖値が70
空腹感、あくび、悪心

血糖値が50
無気力、倦怠感、計算力低下

血糖値が40
発汗や冷や汗、動悸や頻脈、顔面蒼白、震え、顔のほてり

血糖値が20
けいれん、こん睡

このように、低血糖になるととても危険な状態になるんですね。

普段、私達は薬で血糖値を下げていますが、その薬が効きすぎて今度は血糖値が低くなりすぎる事があり、このような症状に陥るリスクを考えておかないといけないという事なんですね。

原因

ではどのような時に、“薬が効きすぎる”のかというと、経口血糖降下剤投与を受けているのに過剰な食事制限や激しい運動をしたりする時だそうです。
これはインスリン治療を受けている人にも言える事だそうです。

主治医に言われている事

私の主治医からの指導では、なんらかの事情で食事を抜いた時には絶対に薬は飲まないようにと言われています。

スポンサードリンク

また、食事の量が普段の半分くらいとでも、薬は飲まないように言われているのですが、血糖値がどんどん下がる事でここまで怖い事になると言う事が分かり、ますます無理なダイエットは止めようと思いました。

低血糖の対処法

まず、よく言われているのが飴をなめる、缶ジュースなどを飲む事です。
10~15分で回復しない時は、もう一度飲みます。

また、意識が無い時は砂糖とブドウ糖を歯ぐきと唇の間に差し込むのが良いそうです。

意識がない時に、飴やジュースを口に無理やり入れると、誤飲の危険があるので、それはしてはいけないそうです。

意識がなくなるまでに気づくかと思いますが、なんだかおかしいなと思ったら、すぐに対処する事が大事なんですね。

私も薬局からもらったブドウ糖を、お守り代わりにバッグに入れてます。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ