デジタル尿糖計で高血糖なのか分かるの?

デジタル尿糖計で高血糖なのか分かるの?

病院での検査といえば、月に1度とか数カ月に1度という頻度になりますが、
次回の検査まで、高血糖になっているのかいないのかって凄く気になります。

特に、糖尿病と診断されてまもない頃とか、旅行で食べ過ぎたり
忘年会や新年会で、はめをはずして暴飲暴食してしまったと言う時なんて、
後の祭りといいながらも、血糖値が上がっていないかが気になります。

そんな時に便利なのが、デジタル尿糖計でしょう。

デジタル尿統計とは、尿糖を計測するものです。


こちらは、タニタのデジタル尿糖計です。

スポンサードリンク

使い方も簡単で、センサー部分に尿をかけるだけという手軽さです。
とてもコンパクトなので、外出する時に携帯できるので、
外食の際に、活躍しそうですね。

タニタといえば、体重計を始めタニタ食堂やら何かと話題の会社ですよね。
社員一丸となって、健康的なダイエットに取り組んでいる印象を受けます。

尿糖計の上手な使用方法としては、食事する直前に排尿する事です。
それは、空腹時の尿が残ったままでは、正しい食後尿糖を測定する事ができないからです。

食事した2時間後くらいの尿を測定すると良いとの事です。

あまり神経質になる必要はないですが、これも健康管理のひとつの方法なので、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ