クロムは糖尿病に良い?

クロムは糖尿病に良い?

糖尿病になってしまう主な原因として、糖代謝の異常が挙げられます。
これは、食事で摂取した物を消化分解してブドウ糖を得ても、
それが血液中に留まってしまい、細胞を動かすエネルギーとして、
働かないことを指します。

そして糖尿病になると、ブドウ糖耐性因子と呼ばれる、
インシュリンと細胞を結合させる働きがある物質が、
不足してしまいます。
その結果として、糖代謝の異常に拍車が掛かるわけです。

つまり、ブドウ糖耐性因子を満たしてあげることが、糖尿病治療には、
欠かせないものだといえるでしょう。

そして、このブドウ糖耐性因子は、三価クロムとアミノ酸、ビタミンという、
3つの要素で構成されています。
その中でも三価クロムが、とても大切になってくるのです。

三価クロムは微粒元素の1種で、
人間の身体にとってなくてはならないものです。
この三価クロムが足りないことから、ブドウ糖耐性因子が作られず、
糖尿病になってしまうケースが、最近とても多くなっています。

したがって、定期的にクロムを体内に取り組むことこそ、
糖尿病を防ぐ手立ての1つになるといえるでしょう。

スポンサードリンク

ですが、この三価クロムというのは、食事から摂取することが、
非常に難しいといわれています。
それというのも、体内に取り込んだとしても、
吸収されずにそのまま排出してしまうことが多いのです。

したがって、1日に必要なクロムを摂取するには、食事だけではなく、
クロムのサプリメントなどを併用するのがいいかもしれません。

クロムのサプリでは、こちらが人気があるようです。
クロムラクトフェリン食品!DrフェリンGTF直販

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ