血糖値を急激に下げすぎるとどうなる?

血糖値を急激に下げすぎるとどうなる?

血糖値を下げすぎると死亡率が増加するという、 研究がアメリカで発表されたと言うニュースを見ました。

糖尿病患者は、血糖値を下げることに一生懸命になりますが、 薬で無理矢理に下げすぎると、重症で低血糖が、 頻繁に起こっていたことが判明したと書かれてありました。

血糖値が下がりすぎてしまうことで皮肉にも 心筋梗塞や脳卒中を誘発していた可能性が指摘されたとのことです。

それはなぜかというと、 糖尿病などの予防治療を専門とする医学博士の解説によると、 血糖値と言うのは、脳のエネルギー源なので、 低血糖症になると脳の中枢神経の働きが低下して 意識がなくなったり、異常行動や昏睡状態に陥るケースがあるといいます。

特に、家高齢者が薬による急激な血糖値の低下で、 立ちくらみ起こしたり失神を起こしたりして、 命にかかわる事態を招くケースが実際に起こっているそうです

糖尿病と診断されてから、糖尿病に関するニュースを 今まで以上に聞き耳を立ててみるようになりました。

スポンサードリンク

今私の血糖値やヘモグロビンa1cが、安定しているのは 薬の服用と食事療法、運動療法、サプリメントのおかげですが、 このようなニュースにいちいち敏感に反応しなくても良いように、 さらに数値を安定させて普通の人と変わらない生活を送れるようにと 意識していきたいと思っています。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ