糖尿病の新薬に期待大!

糖尿病の新薬に期待大!

糖尿病の新しいタイプの治療薬が来年1月に国内で初めて承認される見通しになったというニュースを見ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000697-yom-sci

何やら、その新薬は体内に過剰に溜まった糖の尿からの排出を促してくれる薬で、体重増加を防ぐ、すなわち太りにくい薬なのだそうです。

この薬は来年4月頃に保険適用される方向なのだといいます。

その名は「スーグラ錠」でアステラス製薬申請です。

従来の薬は血糖値を下げるホルモンである“インスリン”の働きを強めたり分泌量を増やしたりする目的のものであるが、糖が細胞に入って体重を増やしたり血糖値を下げ過ぎたりする場合もあるそうです。

それに比べ、新しい薬は糖を体外に出すので、血糖値の機能を保ち、従来の問題を起こしにくいのだそうです。

現在の私の治療は、薬のお陰で高血糖にならずヘモグロビンa1cも下がって、進行を抑えていますが血糖値が下がり過ぎる傾向にあり、食事にも気を使います。

スポンサードリンク

生活している限り、規則正しい食事時間を毎回守る事は不可能ですし、適切な量をとれない時もあります。
そんな時に、今回は薬は止めた方がいいのかな?この食事量で薬を飲むと低血糖になる?と悩む時があるんです。

ですので、血糖値を下げ過ぎないというのは有り難いです。

2014年4月に保険適用だと言う事で、先生は私にこの薬を出してくれるのかどうかは分かりませんが、またひとつ医学の進歩を遂げた事実に嬉しく思ったニュースでした。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ