糖尿病の人のビールの飲み方

糖尿病の人のビールの飲み方

糖尿病になれば、糖質や炭水化物を控えなければいけないと
言われていますが、絶対に食べてはいけないという訳ではないので、
どの程度控えればいいのか、悩んでしまいます。

結局は、自分の病状の程度を把握しておくことが大切だとは
思いますが、いつもいつも気をつけてばかりの人生も味気ないもの。

例えば、会社でのお付き合いや、プライベートでのお祝い事には
食事やアルコールはつきものですよね。

ビールを飲む時の、ちょっとしたコツを調べてみました。

まず、ビールは空腹では飲まないようにしましょう。
なぜかというと、胃で分解されたブドウ糖が血液中に送り込まれて
血糖値が急上昇するからです。
しかし、胃にバリアーを張る事でブドウ糖の吸収が緩やかになります。

食物繊維や脂質を含む食品が、この“バリアー”になってくれます。

スポンサードリンク

例えば、切干大根や枝豆を先に食べるとか、それが難しければ
ビールを飲む前にナッツ類を数粒、食べるだけでも効果的です。

これなら、接待の時の飲みの場所でも出来ますね。

このように、ちょっとした工夫でも違ってくるので
飲み会の時に、この技を使ってみて下さい。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ