糖尿病治療でトノサマガエルを生食!怪しすぎる民間療法

糖尿病治療でトノサマガエルを生食!怪しすぎる民間療法

今日は、衝撃的なニュースを見てしまいました。

それはタイトルどおりなのですが、これは中国で起こった事のようです。

中国の新聞によると、ある中国人が友人から伝え聞いた民間療法のひとつである、
トノサマガエル食を実践したそうです。

その方は、2か月ほどトノサマガエルを生で食べ続けた結果、
目まいとともにひどい頭痛に悩まされるようになって、
不幸なことに、そのままお亡くなりになられたそうです。

その時に、その方の身体は寄生虫だらけだったといいます。

いくら病院の薬が効かなくなったとはいえ、
トノサマガエルを生で食べるなんて・・・と、思ってしまいますが、
その方にとっては、糖尿病はそれほど切実な悩みだったのですね。

スポンサードリンク

初期では症状は全くでないため、糖尿病と診断されても
どうしても軽視しがちですが、糖尿病の後ろには合併症という
恐ろしい魔物が控えているので、今の段階でひどくならないように
自己管理はとても大切なんだと思いました。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ