糖尿病が分かったきっかけは?

糖尿病が分かったきっかけは?

私が糖尿病になった事が分かったきっかけは、
なんと鼻の手術をする事になってしまったからでした。

2013年3月にあまりにも鼻が詰まって苦しいので
毎日、市販の点鼻薬を使っていたんです。

それが、だんだん効かなくなってきたので耳鼻科に行くと
右の鼻には鼻茸という“できもの”が出来ていて
左の鼻の中の骨が曲がっているとのこと。

おまけに市販の点鼻薬の副作用で鼻の中は腫れまくっていました。

鼻茸を切除するのと、鼻の中の骨の曲がった部分を削る為に
手術が必要だというので、手術前の年密な血液検査をした事で
糖尿病が分かったんです。

この時、血糖値が食後4時間で140、ヘモグロビンa1cが7.0でした。

この時からさかのぼって2年前に人間ドッグで検査した時には
これらの数値は正常値でしたので、ずっと以前から数値が高かったと言う訳では
なさそうです。まさに糖尿病なりたてホヤホヤ?

この時に、お医者さんには「立派な糖尿病です」と言われました。

立派って何?って内心思いましたが・・・

スポンサードリンク

鼻の手術をするのに、糖尿病の数値が高いと出来ないと言うので
耳鼻科の先生に紹介状を書いてもらい、地元の市民病院に行きました。

結局、バセドウ病の主治医の元で糖尿病治療を始める事になりました。

←きっかけはバセドウ病?に戻る  |  ⇒糖尿病治療開始へ続く

いつもご覧いただきありがとうございます。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています!
下の「2型糖尿病」ボタンをクリックして頂くと励みになります。
どうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ