酢は血糖値を上昇させない

酢は血糖値を上昇させない

酢などの酸味のある調味料は、腸での糖の吸収がゆっくりになり血糖値が
上がりにくいと言われています。

その仕組みについて、詳しい事は分かっていないそうですが、
ある番組で実験したところ、ご飯やおかずに酢をかけて食べた方が
血糖値の上昇が緩やかになるという結果が出たそうです。

米図や黒酢などの酢酸や、レモン汁などのクエン酸のどちらも
同様の効果が得られるとの事です。

ですので、唐揚げにレモン汁をかけたりするのも
血糖値を急上昇させにくい効果があると言う事なんですね。

酢はもともと、ダイエットにも良いと言われています。

例えば、酢酸によるエネルギー燃焼や、アミノ酸による脂肪分解が期待できます。

また、健康効果もあります。

スポンサードリンク

血管を拡張して血液の流れを良くして血圧を下げる作用があるので、
高血圧の予防効果や、疲労回復、血流が改善する事で冷え性が解消されたり、
血液がサラサラにある、胃もたれや消化不良を防止などです。

酢を使ったメニューを食べる事で、ダイエットだけじゃなく
様々な健康効果も期待できますね。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ