血糖値を下げると言われるアロエの効能とは?

血糖値を下げると言われるアロエの効能とは?

血糖値の上昇を緩やかにする食べ物は、玉ねぎをはじめ
色々ありますが、アロエも効果があると言われているのをご存知でしょうか?

アロエといえば、ヤケドをした時に塗ると治りが早くなると言う事で、
知られていますが、他にも色々な症状の改善に効果があり、
化学的にも証明されています。

例えば整腸や通経。
アロエには、アロインという成分が含まれています。

アロエの葉を折ると、黄色い汁が出てきますよね?
この汁に、アロインが含まれていて、
整腸効果があると言われています。

快便サプリなどにも、このアロエ成分(キダチアロエ)が含まれている事が多いので、
また機会があればご覧になってみて下さい。

インスリンの分泌促進効果

アロエには、アルボランAとアルボランBという多糖類が含まれているのですが、
この成分が、インスリンの分泌を促してくれる為、血糖値を下げる働きをしてくれるんです。

昔から、アロエは医者いらずとも言われるくらいの植物ですが、
どこで買えばいいんだろう?と一瞬思ってしまいましたが、
鉢植えを買って自宅で育てれば良いんですよね。

アロエの育て方は、とても簡単で基本的には日当たりの良い場所に、
置いて水やりするだけです。
多少、水やりを忘れたとしても簡単には枯れないので、
私のようなずぼらな主婦にも育てられるほどでしょう(笑)
ただし、0度以下の場所ですと枯れる恐れがあるので、
そこだけ注意はしておく必要があるようです。

スポンサードリンク

アロエの食べ方

皮をむいて、刺身として食べたり、サラダやヨーグルトに入れるのが一般的ですが、
アロエのギザギザの部分を切り取ってから、
まるごとミキサーにかけてジュースにするのも良いです。
聞いた話では、まるごと食べても良いのは、キダチアロエだけみたいです。
まるごとだと苦いので、はちみつやバナナを入れてジュースにするのがおすすめ。

アロエは300種類ほど、品種がありますが、日本に入ってくるアロエは、
キダチアロエ、アロエベラがほとんどなので、
キダチアロエを選べば大丈夫だと思います。

このように、簡単に育てられるのが利点ですが、ちょっと面倒だと思う人には、
無農薬、有機肥料栽培された良品活新鮮キダチアロエ(原液100%)のものを
使うのが便利だと思います。

体内にたまった老廃物や毒素を排出してくれる健康飲料「キダチアロエピュア100」

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ