糖尿病に効果的な入浴方法

糖尿病に効果的な入浴方法

お風呂の時間は1日の疲れを取る最高のリフレッシュタイムですよね。

湯船に入った時のあのリラックス感はたまりません。

お風呂は、毎日入るのが当たり前と言う人も多いと思います。
私達が当たり前にしている入浴ですが、
入り方次第では、糖尿病の人に良いというのをご存知でしょうか?

それはなぜかという、この入浴時のリラックスしている時に、
副交感神経が刺激されて緊張モードを溶いてくれるからです。

副交感神経が刺激される事でストレスが緩和されます。

ストレスを強く感じると、血糖値があがりますが、緊張を解いてリラックスしている時は、
逆に血糖値は穏やかになるんです。

また、お風呂に入る事で血行が良くなり、インスリンの働きを促進してくれるので
糖尿病の人にとって、入浴する事は、身体を清潔にするだけじゃなく、
ストレス緩和・血行促進されるので、良い作用があるんですね。

ここで、更に効果的な入浴方法についてご紹介しましょう。

効果的なお風呂の入り方

まず、お風呂の温度は熱くしない事です。
できれば、38度~40度くらいのぬるめのお湯にしましょう。

ぬるめのお湯に入る事で副交感神経が刺激されて、リラックス効果があるからです。

スポンサードリンク

この際に、半身浴をするとよりベストです。
半身浴とは、みぞおちくらいまでお湯に長くつかる事です。

下半身や足をゆっくり温める事で血行もよくなり、冷えも解消できます。

ちなみにサウナは、新陳代謝を良くするので糖尿病にも良いとされていますが、
血圧が急に上がったり下がったりなると、高血圧症の人には良くないので
高血圧症の人は、あまりオススメできません。

もし、お家にミストサウナを設置されているなら、ミストサウナなら
良いそうです。

もし、カラスの行水をされている方は、この機会にゆったりとお風呂に入られる事を
おすすめします。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ