食事の前にヨーグルトは血糖値の上昇が抑えられる

食事の前にヨーグルトは血糖値の上昇が抑えられる

食事を食べる前に、ヨーグルトなどの乳製品を摂る事で、
食後の血糖値上昇が抑えられるというのをご存知でしたか?

乳製品と聞くと、太るというイメージがあったので、
本当かな?と思いましたが、その原理を聞いて納得しました。

血糖値の上昇を抑える理由

ヨーグルトなどの乳製品は、消化された食べ物が胃から小腸に
送られるスピードを遅くすると言う作用があります。

スピードを遅らせると言う事は、ゆっくり分解されるので
少しのブドウ糖にしかならないので、ブドウ糖の吸収も少量で済むのです。

インスリンの分泌を増幅

乳製品には、乳清タンパクというのが含まれており、インクレチンという
ホルモンを小腸から分泌させる働きを持っています。

インクレチンという言葉は、聞き慣れない言葉ですが、
このホルモンは、血糖値が上昇した時にインスリンの分泌を促してくれるんです。
また、食欲を抑える作用もあると言われています。

例えば、ヨーグルトを1カップ(100g前後)食前に食べると、
血糖値の上昇を30%~40%抑えてくれます。

牛乳ならコップ1杯、チーズならベビーチーズを1~2個くらいです。

ただし、摂り過ぎには注意です。

花粉症対策と兼ねて

私も毎食という訳ではありませんが、食事の前にヨーグルトを食べています。

私は花粉症でもあるので、花粉症に良いと言われているヨーグルトである、
森永の「ビヒダスBB536脂肪0」を食べています。

でもこのヨーグルトって意外にスーパーに売ってないので、
売ってるスーパーまで出向いて、まとめ買いをしています。

スポンサードリンク

森永乳業のビヒダスBB536の錠剤もネットで売ってるので、
私のように花粉症やアレルギー持ちの人は、
手に入りにくいヨーグルトなので、錠剤を利用するのも良いかも?

このように、いつもの食事でもちょっとした工夫で血糖値の上昇を
抑える事ができるので、やってみる価値はあると思います。

学習能力のない私でも、薬だけに頼ってはいけないというのは
嫌と言うほど分かったので(※詳細は、これまでの数値の記録
このような工夫を取り入れています。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。
2型糖尿病ブログランキングに登録しています!

もし、この記事が少しでもお役に立てたのであれば、
下の「2型糖尿病」ボタンをクリックして頂くと励みになります。
どうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ