カテキン緑茶は血糖値を下げるって本当?

カテキン緑茶は血糖値を下げるって本当?

カテキン緑茶は、糖尿病の人に良さそう、
というのを聞いた事がありますが、実際にはどのように良いのでしょう?

調べてみますと、緑茶に含まれるカテキンには、
血糖上昇抑制作用があるのだそうです。

ご存知のとおり、血糖値が高いままほっておくと、
血管の中でブドウ糖によって、血管が傷ついて、
動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞を招くリスクが高まりますし、
糖尿病の三大合併症である、網膜症や神経障害、腎症を引き起こします。

ですので、私たち糖尿病患者は血糖値を下げる薬を飲んだり、
生活環境を整えたり、辛い食事療法などをしているわけなのですが、
できるだけ、我慢せずに楽に血糖値を維持したいというのが本音ですよね。

そんな中、食事に工夫しなけらばいけないのですが、
その方法として、糖質の吸収を穏やかにする食品が注目されています。

そこで、緑茶です。
緑茶に含まれるカテキンには、糖質の消化吸収を遅くする作用があるので、
その結果、血糖値の急上昇が抑えられるのです。

糖尿病を研究している大学では、緑茶を1日に7杯ほど飲む事で
血糖値が改善されたという報告があったそうです。

コップ1杯が200mlとするとしたならば、それを7杯で1400ml。

1日で口にする飲み物を全て緑茶にすれば、なんとか飲めそうですが・・・

スポンサードリンク

でももっと効率よく緑茶カテキンが採れる方法はないのかな?と思っていたら、
こんなサプリもありました。カテキンを高濃度に凝縮したものだそうです。

『活緑カテキン』
今だけお試し10日間!

これなら効率的に採れますし、お手軽なのもいいですね。
何よりも嬉しいのは、ビタミンEが含まれているので、抗酸化作用(老化防止)も
期待できそうですし、カフェインが99%カットされているので、
カフェインを気にされている方にも安心して飲めそうです。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ