けり出し歩きで血糖値を下げよう

けり出し歩きで血糖値を下げよう

けり出し歩きというのを聞いた事はありますか?

けり出し歩きとは、下半身を強化させる歩き方なのですが、
この方法をウォーキング中に取り入れる事で、血糖値を下げる効果が
さらに増すそうです。

「太もも」などの下半身を鍛えると、肩こり、腰痛、高血圧、糖尿病、
狭心症、便秘、不眠などの改善に繋がると言われているそうです。

さらに太らない体質になるので、ダイエットにも効果があるとされています。

血糖値を下げるには、有酸素運動であるウォーキングが良いと言われていますが、
そのウォーキング中に、10分間ほどけり出し歩きを行うだけでも
効果があるのだそうです。

けり出し歩きの方法

つまさきで強く地面をけり出して歩きます。
特に親指の付け根あたりでけり出すと良いそうです。

そして着地はかかとからです。

スポンサードリンク

歩幅は、通常よりも広くします(10センチから20センチほど)

この方法を取り入れる方が、同じ時間でも血糖値が下がる効果があるのでしたら
取り入れる価値はあるのではないでしょうか。

真冬の寒い時期は、ウォーキングは厳しいですが暖かい日は
ぜひウォーキングで身体を動かしたいと思います。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ