香醋は糖尿病に有効?

香醋は糖尿病に有効?

香醋といえば、思い浮かぶのが熟成やずやの香醋
ですが、香醋ってどんなものかご存知ですか?

香醋は、もち米を原料に作られた中国の伝統製法でつくられた黒酢の事です。

やずやの香醋には、17種類のアミノ酸がギュッとカプセルに凝縮されています。
アミノ酸といえば、タンパク質を作る要素として必要な成分ですが、体に必要な必須アミノ酸の8種類のうち、7種類は体内では合成されないため、食品で摂る必要があるんです。
ですので、手軽に健康維持に大切な要素が摂れる食品と言えるでしょう。

さて、ブログ記事タイトルの香醋と糖尿病の関係ですが、実際のところはどうなんでしょうね?

香醋に含まれているアグギニンは、ヒスチジンには血流を良くする効果があります。
血流が良くなると、エネルギーを消費しやすくなり血糖値を正常化する作用が期待されるのです。

また、肉類など美味しいものを好む人の体液は酸性に傾いていると言われていますが、酸性体質だと血液の流れが悪くなります。
具体的な症状だと、いくら寝ても疲れが摂れなかったり、目覚めが悪い、肩こりが激しい、イライラやストレスがたまります。
老廃物の排出が悪かったり、疲労物質(乳酸)が蓄積され、病気にかかりやすくなるのです。

スポンサードリンク

香醋は、それらを解消に導くために栄養を補助する役目として愛用している人が多いようです。

何度も放送されるCMを見ていても、一体何に良いのか分かりにくいですが、香醋に含まれている栄養素を自身の健康状態に照らし合わせて○○に効く!と、考えて摂取するのでしょう。

お酢は、健康に良いと分かってはいても、毎日飲むのは続かない・・・そんな人の為にぴったりな「やずやの香醋」。

今なら、初回限定で1袋(1カ月分)注文された人に対して、プラス1週間分プレゼント実施中です。これで1440円は続けやすいかも?

>> 熟成やずやの香醋の詳細はこちら

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ