糖尿病患者に植物油は良くないって本当?

糖尿病患者に植物油は良くないって本当?

植物油というと、健康効果をうたっている商品が販売されているので安心していたのですが、実のところはそうそう安心してはいられないという事が分かりました。
特に、リノール酸を含む油は良くないそうです。

ちなみに、リノール酸を含む油と言えば、ベニバナ油やナタネ油、コーン油、ゴマ油などです。

なぜ身体に悪いのかというと、リノール産は動脈硬化を促し耐糖能を悪化させる働きがあるからなんです。
つまり、すでに糖尿病を患ってる人は更に糖尿病の悪化に繋がるという事なんです。

たまにスーパーでサラダ油が安くで売ってると、ついついまとめ買いしてしまいますが、これからはもっと控えようと思います。

また、植物油はアレルギーを誘発するので、花粉症持ちの私は更に悪化してしまったら悲惨ですよね。
もともと鼻炎もあるので、1年のうち半分以上はくしゃみや鼻水に苦しんでいます。

最近では、水素水を飲み始めたので毎年襲ってくる真夏の鼻詰まりは回避されました。
体重も減ってきているので、水素水の力って凄いと改めて感じます。
飲み始めて2カ月くらい経ちますが、だんだん実感してきましたよ!

ちなみに、お試し体験談はこちらに書いています⇒水素水のお試し

話は、植物油に戻りますが、身体に良い油というのもあるんです。

それは、このブログでも何度か紹介している「えごま油(しそ油)」や、オリーブオイルです。
そして魚の油であるEPAですね。

植物油に比べたら、ちょっと高いですがすでに糖尿病になってしまった私には選択の余地なしなので、身体に良い油を使おうと思います。

特に良さそうなのが、えごま油です。
しかし、ひとつだけ欠点があります。それは酸化してしまうと効果が半減してしまうこと。

なので、1回分ずつが小分けになっているのが便利です。
1袋4g入りで一日に必要なオメガ3(α-リノレン酸)が摂取できるのです。

スポンサードリンク

私は職業柄、外食をしなければいけない日が時々あるので、そんな時に持参します。
レストランで、サラダの上からかけたり、パスタにかけたりするのも合いますし、
そのまま飲むのもありなので、便利ですよ。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ