糖尿病のリスクが減少するチーズとは?

糖尿病のリスクが減少するチーズとは?

ヨーグルトや低脂肪チーズを摂取すると、全く食べない場合と比較して糖尿病発症リスクが4分の1低減するという研究論文が欧州糖尿病学会で掲載されました。

以下、記事を抜粋します。

調査期間中、753人が2型糖尿病を発症したが、ヨーグルトやフロマージュ・フレ(未熟性チーズ)、低脂肪のカッテージチーズなど低脂肪の発酵乳製品を食べていた人たちは、全く食べていない人たちと比べて糖尿病発症の確率が24%低かった。低脂肪の発酵乳製品を種類別に調べたことろ、ヨーグルトのみでの糖尿病リスク低下率は28%だったことが分かった。このカテゴリに属する人たちはカップ入りヨーグルト(125グラム)を平均で週4.5個食べていた。さらに、おやつとしてポテトチップの代わりにヨーグルトを食べていた人では、実に47%もリスクが低減していた。

糖尿病の人やダイエットしたい人には、乳製品が良いとは聞いていました。

私も朝食の前には、脂肪分0のプレーンヨーグルトを買って食べているのですが、
このような研究結果を見ると、自分がやってる事に間違いはないんだなって安心しますね。

チーズも大好きですが、どんなチーズでも良いという訳ではないのかな?

これを見る限りでは、低脂肪のカッテージチーズがいいんですね。
フロマージュ・フレ(未熟性チーズ、生チーズ)が良いと書かれていましたが、
どんなものなのか分からないので調べてみたら、こんなチーズでした。

スポンサードリンク

味の方はどうなんでしょうね?
ちょっと興味があります。なんとなくですが、美味しそう。
このチーズを食べた人の感想を見ましたが、さっぱりとして美味しいようです。
実際の購入者の口コミを見るのは、使い方の参考にもなりますね。
⇒生チーズのレビュー

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ