朝バナナは糖尿病にも効果的?

朝バナナは糖尿病にも効果的?

朝バナナダイエットというのが、流行った事がありましたよね。

多分、朝バナナはずっと昔から言われているけれど、
周期的に流行りがめぐってくるという感じでしょうか。

ところで朝にバナナを食べるというのは、糖尿病の人にも通用するのでしょうか?

結論から言うと、糖尿病の人にも良いそうです。

それはなぜかというと、バナナに含まれている成分です。

バナナには、ビタミンB2、カリウム、メラトニン、クエン酸などの成分が
含まれているのですが、この中でカリウムは、代謝をあげ血圧の上昇を防いでくれます。
そしてメラトニンは活性酸素を除去し、コレステロールの抑制に効果がありますし、
免疫力アップも期待できます。

糖尿病になると、免疫力が低下しますし高血圧になりやすいので、
その点からもバナナは良いですし、コレステロールの抑制や代謝をアップさせるので
肥満の点から見ても、良いと言うのは明らかでしょう。

スポンサードリンク

でも、バナナには糖分が含まれているので、推奨されるというほどではないと思います。

ただ、朝食に食パンを食べている人なら、その食パンをやめてバナナに変えると
血糖値もかなり変わってくるのではないかと思います。

バナナの甘みで満足感も得られますから、それって大きいですよね。

何事も我慢してばかりでは続きませんしね。

糖尿病は適度な運動と、食事療法でかなり軽減できますし、
薬や注射を打っている人でも、必要がなくなる場合もあるのであきらめずに頑張ります。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ