えん麦のちからは授乳中でも摂取できる?

えん麦のちからは授乳中でも摂取できる?

えん麦のちからは、糖質の吸収を穏やかにする低GI食品で、
食物繊維が豊富で、えん麦ふすまがお腹で膨張し、
満腹感も得られる栄養補助食品です。

私もとても気に入っており、糖尿病仲間さんにもおすすめしているのですが、
中には、授乳中の友達もいます。

彼女は、妊娠糖尿病を患って現在は無事出産、そして授乳中です。

赤ちゃんにおっぱいをあげるために、栄養もしっかりとらないといけないけど、
血糖値コントロールもしなくてはいけません。

逆に、授乳後に低血糖を起こす可能性もあるので、
気をつけなければいけない事がたくさんあって、大変そうでした。

さて、えん麦のちからは授乳中でも摂取できるかですが、
カスタマーセンターで問い合わせたところ、
えん麦のちからは、基本的には健康食品なので、安全性は高いですが、
念のために、主治医や薬剤師に相談してから摂取した方が良いとのこと。

私の場合、(私は授乳中ではありません)糖尿病の薬との併用は、
全く問題ないという回答をもらいましたが、授乳中の場合は、
あくまでも念のために相談しておいた方が良いという事ですね。
(※えん麦のちからは糖尿病の薬と併用しても大丈夫?の記事を参照)

通常、サプリ等の場合、主治医や薬剤師に相談しても、
一笑されて終わりというパターンが想像できますが、
この食品は、えん麦ふすまを摂取しやすく加工した食品なので、
お医者さんにも聞きやすいのではないかと思います。

どうせなら、安心して摂取したいですからね。

えん麦のちからは、腹もちが良いので食べ過ぎを防ぎますし、
白米と一緒に摂取した時の食後血糖値の上昇の抑制も確認されています。

Vxg_h_BccWAuHea1433307024_1433307031

食物繊維が玄米の9倍あり、腸内環境も整えてくれるので、
妊娠中や産後に便秘になった人にもおすすめです。

今、10袋500円のお試しキャンペーン中なので、この機会に試してみるのがいいかも?

『えん麦のちから』500円お試し

,
2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ