えん麦のちからをお試し【糖尿病患者の為に作られた健康食品】

えん麦のちからをお試し【糖尿病患者の為に作られた健康食品】

糖尿病の人の為に開発された健康食品のえん麦のちからのお試し10袋セットが、限定1000名で500円で購入できると聞き、早速お試し購入してみました。
普段は定価1800円で、お試しが1000円で販売しているものなので、とても良い機会だと思い、即買いしました。
※500円税込、送料無料で購入できるのはえん麦のちからの公式サイト
のみです。

えん麦のちから

xSc19CY95SL9GYY1433302399_1433302411

えん麦のちからは、もともと糖尿病患者向けに専門家が作った健康食品なんです。
どんなものなのかというと、簡単にいえば穀物で作られたものです。

欧米ではオートミールやグラノーラとして一般的に食されています。
世界の政府機関でも、えん麦ふすまとして高く評価されているんです。

その栄養価は、豊富に食物繊維を含み、玄米の9倍もあります。
また、糖尿病と関係の深い低GI食品であり、カロリーも1袋44kcalと低め。

そしてβグルカン1000mg含量なのですが、これは、食後の血糖値の急上昇を抑えると言われています
さらに水に溶けると膨張する性質を持っているのですが、なんと約8倍に膨れます。
温度が高いお腹の中では、さらに膨張して長時間とどまるので、満腹感が得られますし、食べ過ぎを防いでくれるのです。

このβグルカンは、本来ならそのままでは食べずらいのですが、独自の製法で高濃度に濃縮する製法を開発されました。
だから、えん麦ふすまを食べるよりも、えん麦の力はえん麦βグルカンがギュッと濃縮されているので、栄養価が更に高いという訳ですね。

えん麦のちから臨床試験を行った結果、
白ご飯と一緒に食べた時の食後血糖値の上昇を抑える効果が確認されました。
zKK2lhXdwy3M2OJ1433303887_1433303931

これって、今はやりの例のダイエット法とそっくりだと思いませんか?

そう、まさに「食べる順番ダイエット」と重なる部分が大いにあるように思うのは私だけじゃないはず。
糖尿病の人なら、ピンッと来るものがあったのではないでしょうか?

食べる順番ダイエットは、最初に野菜、そして次に肉や野菜といったタンパク質、最後にご飯を食べる事で糖の吸収を抑え、血糖値を緩やかにする方法ですが、長年の食習慣において、そのような食べ方をするのは、かなり違和感がありますよね。
一見、簡単そうだけど、なかなか続けられないというのが、本音だと思います。
だって食事が美味しく食べられませんもの。

でも、えん麦のちからの臨床試験の結果を見ると、白米と一緒に食べても血糖値の急上昇が抑えられるなら、今までの食習慣を崩すような違和感のある食べ方をしなくても済みますから、それに越したことはないですよね。

えん麦のちからを飲んだ感想

えん麦のちからが届きました。
31rPpvk6H0T42BC1433306486_1433306494

8aHWOqzX2qa0MZa1433306567_1433306576

1袋10g入っています。
tegccbNmMJRPHxX1433306768_1433306776

見た目は、きなこみたいですね。
zT82xBeWzKR4jco1433306901_1433306909

1袋10gに対し、牛乳200mlです。冷たい牛乳でもスプーンでかき混ぜると、さっと溶けます。
Vxg_h_BccWAuHea1433307024_1433307031

えん麦のちからを飲んだ感想ですが、なんとも言えないお味。
お世辞にも美味しいとは言えないけれど、まずくて飲めない訳でもないという印象ですね(笑)

まず、甘みは全くありません。でも健康食品なので甘みをつける必要はないですし、食事作りの時にも混ぜて使えるので、むしろ甘みは邪魔になりますね。

えん麦のちからの飲み方

えん麦のちからは、色んな飲み方ができます。
まずは、朝食代わりに牛乳や豆乳と混ぜて飲むと言う人。いわゆる朝食置き換えですね。

次に、朝食に混ぜる方法。
えん麦のちからを、味噌汁やヨーグルトに混ぜて食します。

他にも味噌汁に入れたり、スープやシチュー、カレーに入れたりとなんにでも混ぜる事が出来ます。

私は、今日届いたばかりなのでまだ牛乳で溶かして飲んだだけですが、まだ9袋あるので他の食べ方を試してみるつもりです。

先着1000名限定の500円送料無料のお試しは公式サイトのみで、購入できます。

『えん麦のちから』公式サイトで詳細を見てみる

,
2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ