糖尿病の合併症?心臓検査にひっかかりました

糖尿病の合併症?心臓検査にひっかかりました

先日、指を骨折してしまい、手術を受けました。

手術はとっても簡単なものですが、全身麻酔で行うため
2泊3日の入院をしました。

私は、バセドウ病と糖尿病という持病があるので、
たかが指の手術といえど、慎重にしてもらってる気がしました。
先生曰く、バセドウは強いストレスは良くないので、
色々と準備も必要とのこと。

心電図をとったときに、異常が認められたので、
心臓の超音波も撮ってもらいました。

実は私は、心電図の検査をしたときはいつも何かしら異常が認められることが多いので、
いつものことだと心配はしていなかったのですが、
心臓の超音波を撮ってもらっている時間が、あまりにも長かったので
何か変だなと思っていました。

その後、指の骨折をつなぐ手術は無事に終わりましたが、
いざ退院して、帰ろうという時に家族と一緒に循環器内科に来てくださいと言われて
心配しながら先生の話をきくと、狭心症などの疑いも否定できないので
念のために心臓のCTを撮りましょうという話になりました。

もし、この検査で異常が見られたら、今度はカテーテルを入れて検査をするそうです。

糖尿病になると、痛みに鈍くなるそうでもし症状が出ても
自分では分かりにくいそうです。

スポンサードリンク

私の糖尿病が発覚したのが、今から1年前で最近では糖尿病の数値も正常値になりましたし、
自分としては、まさか合併症を引き起こしているなんて全く思っていません。

ほぼ、大丈夫だと確信していますが、私の母親は心臓病で亡くなっているので
糖尿病とは関係なしに、もしかしたら何かあるのかもしれません。

検査は、指の骨折が落ち着いたら行う予定です。

思い起こせば、 1年前の鼻の手術の手術前検査で糖尿病が発覚し、
今回の指の骨折手術で、心臓の本格的な検査をすることになったのですから
良い風に考えれば、亡くなった母に見守られているのかなと思います。

また、検査をした時に報告しますね。

2型糖尿病ブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

いつも応援して下さりありがとうございます!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ